桜・富士山・五重塔。贅沢過ぎる山梨の絶景【山梨県:新倉山浅間公園】

f:id:urban-dog:20190313173051j:image

桜って日本人にとってほんと特別なモノなんだなと改めて思います。
全国的に3月4月に咲き、そしてすぐに散ってゆく。
ちょうどその時期に、卒業式・入学式・転勤等が行われる日本において、桜が咲き、そして散ってゆく時期が、出会い・別れの季節と重なるということが桜という存在をより大きくしているのかなとも思います。桜関係の名曲も、相当多いですよね。

そんな桜、全国津々浦々有名な場所はありますが、その中でもちょっと特別な桜が見れる場所がありました。山梨県富士吉田市にある新倉山浅間公園の桜です。

都心からとっても近い、新倉山浅間公園

南に富士山、西に河口湖

富士山はよく静岡県側(南側)から見るか、山梨県側(北側)から見るかで見え方が大きく異なることで有名ですが、今回見るのは山梨県側(北側)。富士山の北側、河口湖の東側に位置する新倉山浅間公園は山梨県富士吉田市に位置します。

近くには絶叫マシンで有名な「富士急ハイランド」や「富士サファリパーク」、ロープウェイで登れる「カチカチ山」もあり、それらと合わせて観光に行くのが定番のようです。

新宿からバスで1時間半強

バスタ新宿

バスタ新宿へのアクセス»

高速バスで約1時間半(大人片道:1750円)

高速バスについて詳しく見る»

中央道下吉田バス停  

徒歩で約10分

「下吉田バス停」をグーグルマップで見る»

新倉山浅間公園

新倉山浅間公園について»

新倉山浅間公園へのアクセスは車・電車で行く方法もありますが、都心から行くなら高速バスが圧倒的に便利‼バスタ新宿(新宿駅すぐ)から中央道下吉田バス停(最近よくある、高速道路上のバス停)まで1時間半程で到着(大人片道:1750円)。

そこから歩いて10分で目的地に到着です。(私は、最寄りの拠点駅河口湖駅周辺で前日泊し、早朝に下吉田駅から行きました…)

桜と富士山と五重塔を同時に眺める絶景

桜の季節は混雑必須

4月第2週目の日曜日、朝8時。晴天・週末・桜が満開というベストなタイミングで行ったので、とにかく朝からすごい人でした。下吉田駅から新倉山浅間公園に徒歩で向かう人、仮設駐車場へ向かう車等々そういった混雑を横目にみながら駅から約10分、参道の入り口となる階段に到着です。

  • f:id:urban-dog:20190309195928j:image

    参道の入り口

  • f:id:urban-dog:20190309203037j:image

    鳥越しの富士を撮る人々

五重塔を目指し、階段をひたすら上る

参道の両側に咲く満開の桜を愛でながら進むと鳥居が見え、ここから本格的に階段での登りとなります。「咲くや姫階段」と名付けられたこの階段は398段あるらしく、普段運動不足の私には苦しくもありましたが途中途中で休憩しながら振り返って見る富士山と桜が元気をくれます。
途中右に折れて、散策路に入ってみる富士山も見事でした。
遮るものが何もない富士は雄大でずっと見ていられます。
既に帰路についている朝一組(ご来光組?)を横目に、さらにさらに登っていくと、五重塔の前に広場に到着です。

この五重塔、正確には忠霊塔と言うらしいのですが、先の戦争で亡くなった方の鎮魂のために建立したものだそうです。富士山と桜が見える素晴らしい場所で眠ることができる魂は、穏やかに過ごせるのではでしょうか…。


そして、この五重塔裏にあるのが一番のビューポイントとなる、展望デッキです。

特別な桜の風景

f:id:urban-dog:20190309211417j:image

これぞジャパンな絶景

f:id:urban-dog:20190309211422j:image

引きで見ると激混み…

桜と富士山と五重塔、日本的なものが三つ同時に一枚の写真に納めることができるということで日本人だけでなく外国人観光客もたくさんしました。
既に撮影をする人でごった返している展望デッキ横で順番を待ち、パシャリ。
後に並んでいる人のことを考えるとあまり長居できない状態です。
あまりいいアングルで取れなかったので結局もう一度並びなおして、再度撮影しました。
時間が遅くなれば遅くなるほど人はどんどん増えるので、朝早くに来ることをおすすめします。

この展望デッキからさらに上に行く山道があり登っていくと、頂上付近に第二展望台があり、より高く開けたところから富士山と桜を見ることができます。

帰り道まで楽しい新倉山浅間公園

帰り道もずっと楽しい

  • f:id:urban-dog:20190309203214j:image

    散策路からの景色

  • f:id:urban-dog:20190309203221j:image

    階段から見える景色

この新倉山浅間公園、帰り道が特に楽しかったです!
とにかく下りの階段を下りている間中ずっと富士山と桜の風景が広がるので、何度も立ち止まり、何度も写真をパシャパシャ撮ってしまいました。
桜と青空と富士山、これ以上ない清々しい風景ですね。

参道の入り口ふきんまで戻ってくると、広場で屋台やキッチンカーが甘いものや軽食を販売していました。桜の季節の「桜まつり開催中」はご当地グルメも一緒に楽しめるらしく甘味とコーヒーをいただきながらの小休止は、観光の締めくくりとしては申し分ないですね。

桜の季節は野焼きの時期でもある

f:id:urban-dog:20190313173042j:image

朝の9時過ぎには、すでに野焼きの煙が…

新倉山浅間公園の桜が満開になる時期の週末、ちょうど富士吉田市近くの陸上自衛隊の演習場で「火入れ(野焼き)」が行われるそうです。
毎年恒例の行事らしく、私が参道の入り口付近まで戻ってきた9時過ぎには始まって、富士山の左側が煙で隠れ始めました。

きれいな写真を撮りたい方はやはり朝早く行かれる事をおすすめします。
混雑必須ですが、桜の季節の新倉山浅間公園、ぜひ一度訪れてみて下さい。