中東では光の雨が降る【追憶のシリア:内戦前の街角風景その2】

f:id:urban-dog:20190528101444j:image

数年前まで当たり前に観光出来たシリアですが、2019年現在、内戦の影響によってシリア全土には退避勧告が出ており、入国も厳しく制限されています。

国の情勢や天災によって、前まで当たり前に見れた風景が見れなくなったり、場合によっては風景そのものが失われたりします。日本でも、世界でも。

今回は前回に引き続き、そんな風景が失われる前、内戦前に訪れたシリアをサラッと振り返りたいと思います。

中東では光の雨が降る…

f:id:urban-dog:20190531123044j:image

光の雨が降る

f:id:urban-dog:20190530183012j:image

壁や地面の光の影がいい感じ

乾燥したアラブの大地。

極端に雨の少ないアラビア半島は土地が乾燥し、砂や岩石に覆われたエリアです。

そんな中東の国シリアですが、街を歩いていると、光の雨が降る風景をよく見ました。

写真は首都ダマスカスの、スーク(市場)近くのブドウの木の下。中東の強烈な光が葉のあいだを抜け木洩れ日となり、光の雨を降らせていました。日陰になって涼しいのか、気持ち良さそうにおじさんがずっと座っていました。

壁や地面に落ちた光の影が美しい。

f:id:urban-dog:20190530183009j:image

ダマスカスのスーク(市場)を歩いていると、地面に何やら不思議な模様が。

屋根に開いた小さな穴から入った光が非常に強烈で、地面にまで落ちてきているようです。

屋根には無数の穴が開いているため、光の水玉模様となって地面を彩っていました。

パルミラ

f:id:urban-dog:20190522223935j:image

青空とパルミラ遺跡

f:id:urban-dog:20190530145541j:image

遺跡の周りは砂漠

f:id:urban-dog:20190530145538j:image

砂漠に沈む不気味な夕日

ローマ帝国時代の遺跡が残るシリアを代表する遺跡。

けして状態の良い遺跡ではありませんでしたが、 それがまた、遠い昔の繁栄を思わせる侘しさとなっていました。 周りはとにかく絵に描いたような砂漠ですが、ナツメヤシが生息するオアシス都市でもあったようです。

マアルーラ村

f:id:urban-dog:20190530113625j:image

シリアの首都ダマスカスから北東56kmにある山間の村、マアルーラ。

古い教会や修道院が有名ですが、写真手前に見える街の道路(坂道)が、迷路のように入り組んでいて、ただただ歩くのが楽しかったのを覚えています。

なにより、写真奥に見える山の上のゴツゴツした岩が、どこか大きな宇宙船っぽくSF的で、手前に見える街とのギャップが非現実的な風景でした。

まとめ

シリアには世界的に知られた大きな観光地というのが、あまりありません。

私もトルコからヨルダンに陸路で向かうために、ただ通過するつもりでした。
しかし、そこで出会った風景と人々は忘れられないものとなり、シリア内戦のニュース・報道を聞くたびにそのことを思い出します。

2019年5月現在、内戦は大きく収束し、首都ダマスカスには賑わいが戻ってきていると聞きます。
シリア国内のほかの地域にも、その賑わいが広がることを遠い国から願うばかりです。