【マカオ空港】ラウンジは?ホテル移動は?直接マカオに行く方必見記事

f:id:urban-dog:20191004210513j:image

マカオが好きです。
非日常を感じるリゾートホテルの夜景や内部空間、そしてカジノ。

いつも香港空港を経由し、フェリーやバスで来ていたマカオですが、2019年6月から始まり収まる気配のない香港デモの影響による、便の欠航・空港出入りの制限等を考慮し
マカオ航空・マカオ空港を利用しダイレクトにマカオに行ってみました。

空港のラウンジは?街中へのシャトルバスは?食事は?
今回は、香港を経由せず日本から直接マカオに行く際に必要な情報を書きたいと思います。

マカオ航空の東京発着便

f:id:urban-dog:20190930213302j:image

マカオへの直行便は非常に少ないです。
マカオに旅行に行くにしても香港と合わせていく人が多く、直接行く人は少ないのでしょう。
東京からの直行便は羽田発はなく成田発となる一日2便のマカオ航空しかありませんでした。

そして出発時間・到着時間が正直ビミョーな下記の2択のみ。

①16:00成田発-20:05マカオ着(現地時間)

荷物のピックアップ・入国審査など考えると空港を出るのは21時過ぎ。
ホテルに移動したら、なんだかんだで22時前後でしょうか。
その日はお風呂に入って寝るだけ。せっかくのホテルを楽しむ時間がなく、翌日のチェックイン時間を迎えるのはもったいないですね…。

②20:00成田発-23:45マカオ着(現地時間)

荷物のピックアップ・入国審査等考えると、空港を出るのは日付が変わってから…。
当然、到着したその日は何もできない。朝まで空港泊?
個人の弾丸旅行ならまだしも、複数人なら厳しいフライト時間。

で、結局一人の弾丸旅行なので②のフライト時間を選び、朝まで空港で過ごす方向で出発しました。

マカオ航空とマカオ空港

当日、午後15時頃東京駅から成田空港へバスで向かいました。
マカオ航空の発着は成田空港の第2ターミナル
私が乗ったマカオ航空は一列が3席×2のもので後ろも30列くらいまでの非常に小さなものでした。
しかもANAとの共同運航便。

f:id:urban-dog:20190930213308j:image

少し物足りない機内食

機内食はありましたが各席モニターでのエンタメ等は無し。機内で映画とか見れずすることもないので、食事の際のドリンクにビールを頼み(こちら側から言わないとくれない)、お酒を飲んで到着まで寝ました。乗ってみた感想は食事つきのLCCと言ったイメージでしょうか。

23:45マカオ着

f:id:urban-dog:20191002222340j:image

時差一時間ということで時計の針を一時間戻しながら見た空港は、あまりきれいではありませんでした。あのマカオの華やかなイメージとのギャップが凄いです。

例えばドバイやシンガポール。
両国の持つ華やかなイメージに答えるように、空港もきれいで華やかですが、マカオの空港にはそれがありません。とにかく利用者が少なく需要が少ないのでしょう。

香港空港なら到着ラウンジがあるため、何時に到着しても、シャワーを浴びてソファで仮眠を食事を取れたりできますが、マカオの空港には当然そんなものはありません。
朝まで空港内のベンチで寝てやり過ごすしかなさそうです。

そんなわけでベンチを探すわけですが、入国審査を終えてゲートの外に出てしまうとだいたいのベンチは早朝便を待つ人で埋まっているため、入国審査前のゲートの中で仮眠できるところを探す方が賢明です。

しかし、ゲート内のベンチはすべて一席ずつ肘置きの付いたタイプで、横になって寝れそうなベンチが見当たらなかったので、仕方なく入国審査を受けゲートの外に出ました。

f:id:urban-dog:20190930213256j:image

横になって寝れないベンチ

いざゲートの外に出ると思っていたほど、人はいなくベンチも空きがありました。
しかし、ゲートの外のベンチもすべて一席ずつ肘置きで別れているタイプでやはり横になって寝れそうなベンチは見当たりませんでした。

唯一横になって寝れるのは、空港の建物の外にある、タクシーや市内へのバスを待つベンチのみ。エアコンの効いていない建物の外は、深夜でも気温25°超えでジメジメと蒸し熱く、空気もけっして良くありません(というか悪い)。

入国審査を終えゲートの外に出たのが日付の変わった0:30過ぎ。各ホテルへのシャトルバスは、早くても9時から。それまでの約9時間を横になって寝れない空港でどう過ごすか…。

久しぶりに辛くて長い夜になりそうです。

マカオ空港から街中へ

23:45マカオ着の便に乗り、入国審査を終えてゲートに出たのが日付の変わった0:30頃。
目当てのホテルへのシャトルバスは朝の9時までありません。
ベンチで横になって寝ようと思っても横になって寝れるベンチもなく、さて約9時間この小さな空港でどう過ごそうかと考えました。
飲食店はありましたが、24時間のものはなく全て閉店済み

で、考えました。

『歩いてホテルまで行こう』

事前にグーグルマップで調査済みでしたが、マカオ空港は、マカオのタイパエリア北東の海沿いにあり、リゾートホテルが乱立するタイパエリア中心部からも非常に近い場所にあります。
その距離、徒歩で約25分
深夜の一人での徒歩移動なので、決して安全ではありませんが前々から思っていました。マカオって治安かなりいいんじゃないかと。

世界的に治安に悪い所って貧富の差が激しかったり、仕事に就けない若者が持て余した時間とエネルギーを良くない方向に使ったり、基本的に経済的理由があると思うんですよ。
そういった中でマカオは世界有数のIR(総合型リゾート)の密集地であり、そこで生まれる雇用って凄まじい数だと予想できます。

私がよく行くベネチアンマカオのカジノのディーラーも、パートと思われる普通のおばちゃんが多いですし、ホテルや飲食店の従業員・シャトルバスの運転手等々仕事には困らない状態だと思うんですよ。
給料がめちゃめちゃいいとは思いませんが、日々食べることに困らないくらいのお金はあるはずで、そういう状態の人々が住む街ってそんなに治安は悪くないんじゃないかと。

f:id:urban-dog:20190919092320j:image

暗い道の先にベネチアンマカオ

色々書きましたが、(男ということもありますが)自己責任で深夜でも一人歩きしても大丈夫と判断し、空港からベネチアンマカオホテルまで20分超歩いて行ってみました。

空港から離れるにつれどんどん暗くなっていきますが、目線の先にはすでにベネチアンマカオホテルが見えています。

途中、澳門技術大学の横を通った際、夜遊び帰り(?)的な男性3人組とすれ違いましたがそれ以外はまるで人が歩いてません。

f:id:urban-dog:20190919092316j:image

ループ状の歩道橋

そして、大きな道を一つ越え、ベネチアンマカオにつながる大きな道の交差点上の、ループ状の歩道橋まで来るともう一安心です。
目線のすぐ先にはベネチアンマカオ、道路を挟んだ向かいにはシティオブドリームスと、いつもウロウロしているあたりです。

深夜1時過ぎとあって、外を出歩いている人はまばらでしたが、カジノには相変わらず人がいっぱい。これぞマカオですよね!

f:id:urban-dog:20190919092323j:image

深夜のベネチアンマカオ

帰国時のラウンジ

f:id:urban-dog:20191002223451j:image

深夜の空港からホテルへの徒歩移動に、深夜1時過ぎからのカジノ。色々ありましたがマカオ滞在を楽しみ、帰国の路に着きます。朝9:30の便でラウンジを楽しむ時間も考え、2時間半前の7時に空港着の予定で、早めに空港へ向かいました。

チェックインカウンターには既に長い行列が出来ていましたが、自動チェックイン機で空港スタッフ指導の素早くチェックインできました。

マカオ空港のラウンジ

澳門空港のゲート内にはラウンジがあります。その名も「プラザプレミアムラウンジ」。航空会社、クラスを問わず、すべてのお客様に出発までラウンジのひとときを!』をコンセプトに世界の空港100ヶ所以上に展開している高級ラウンジです。

澳門空港での場所は、入国審査を終えてゲート内に入って右折、上に看板があるのですぐわかりました。エスカレータに乗った出発ロビーの2F(?)。
プライオリティパスを見せて、シャワーの予約をお願いしようとしたら、『このラウンジにはありません』とのこと…。やはりこの辺も香港空港のラウンジの方が優れていると強く感じます…。

f:id:urban-dog:20190930213253j:image

ラウンジ食事

f:id:urban-dog:20190930213249j:image

ラウンジのソファスペース

中は非常に明るくてきれい。 大きく分けて、食事を食べるためのテーブル席の、ゆったりくつろげるソファースペースに分かれています。 食事の内容もやはり香港のラウンジよりは劣りますが、それなりです。 ソフトドリンクに缶の青島ビール・コーヒーサバーで飲み物一通りのものをいただけます。

しかし、ラウンジでシャワーを浴びれないのは、やはり痛いです。 シャワーを浴びることで汗のべたべたと一緒に疲労も洗い流して、リラックスした状態で帰りの飛行機に乗るのが至福なんですが。

まとめ

いつも香港経由で行くマカオ。
しかし、6月から続くデモの影響もあり今回はダイレクトに行ってみました。

時間や航空会社という意味の便の選択肢の豊富さ、到着ラウンジの利用・香港と合わせた観光を考えると、香港を経由してくるのが理想と強く強く感じます。
香港のデモが収まり、香港という国・街が正常化し、安心して香港空港を使える日が来ることを切に願います。